ロングホーンインポートEX

メンバー専用プレミアムコンテンツを掲載しています

FOR OVER 50 YEARS ギャランティーチケット表記の特徴と時代・市場背景

FOR OVER 50 YEARS ギャランティーチケット表記の特徴と時代・市場背景

1892年頃に初めてのオイルクロス製ギャランティーチケットが誕生後、現時点で確認されているその後のギャランティーチケットのバージョンは、”For Over 26 Years”、”For Over 35 Years”、そして”For Over 50 Years”と続きます。

本記事では、For Over 50 Yearsのギャランティーチケットが登場した時代の市場背景の考察と表記の特徴を紹介します。

For Over 50 Years ギャランティーチケット

For Over 50 Years リーバイス ギャランティーチケット
Image: LS&Co. Archive

ギャランティーチケットの記載内容

For over 50 years

Our  celebrated XX Blue Denim Copper Riveted Overalls have been before the public.

This is a pair of Levi’s

They are
positively superior
to any made in the United States, and enjoy a national reputation. Only the very best Materials that money can purchase are used in their Manufacture.

EVERY PAIR GUARANTEED.

They are made of selected nine ounce American Denim
and sewed with the strongest linen thread.

We shall thank you to carefully examine the sewing, finish & fit.

CAUTION: See that this pair bears the quality number, which is XX and also our Trade Mark.

By cutting the thread this ticket can be removed

表記変更点

注目ポイント:
For over 50 yearsから、それまでの”This is a pair of them.”から、”This is a pair of Levi’s.”に表記が変更になりました。また、”They are made of selected nine ounce Amoskeag denim.”から、”They are made of selected nice ounce American denim.”に変更になりました。さらに、枠外左下に”COPYRIGHT, 1927, BY LEVI STRAUSS & CO.”の表記が加わりました。ギャランティーチケット最初のCOPYRIGHT表記です。

FOR OVER 50 YEARS ギャランティーチケットの説明

リーバイス元ヒストリアンLynn Downeyさん著のImages of America Levi Strauss & Co. に、FOR OVER 50 YEARSのギャランティーチケットに以下の様な説明書きがあります。

By the mid-1920s, LS&CO. management  started to see an interesting trend: any pair of riveted denim pants was called “Levi’s” – no matter whom the manufacturer was. While it was flattering to have the company’s name stand for all denim products, it was alarming from a business point of view. Becoming the  generic  for a consumer product diluted the power of the original, so in 1927, the company applied for a new trademark: the name “Levi’s.” The Guarantee Ticket was redesigned that year so that instead of reading “This Is A Pair Of Them” as seen on the original from 1892, the new ticket read, “This Is A Pair Of Levi’s.” The trademark was registered in 1928, and to this day, the company staunchly defends the name against all potential infringers.

(訳)

1920年代中頃には、リーバイ・ストラウス社の経営陣は、興味深い市場現象(トレンド)が起きていることを知ります。リベットが取付けられたデニムパンツはどれも製造メーカーがどこであろうと、”リーバイス”と呼ばれるようになっていました。全てのデニム製品に会社の名前が使われることは一見喜ばしいようなことですが、事業運営においては注意を喚起するものでした。消費者製品の一般名称となることは、オリジナルであることの訴求力が希薄化します。そのため、1927年にリーバイ・ストラウス社は、”リーバイス(Levi’s)”と言う名前を新しいトレードマーク(商標)として申請しました。その年、ギャランティーチケットも変更が行われ、1892年の最初のチケットからの表示、”This Is A Pair Of Them.”から新しいチケットでは、”This Is A Pair Of Levi’s”の表示となりました。トレードマーク(商標)は1928年に(認可され)登録されました。そして現在までリーバイ・ストラウス社は商標を侵害する者からその名を守ることに頑なに取り組んでいます。

(訳終わり)

Levi’sの商標申請に伴う表記変更

“This is a pair of them.”という誕生時1892年から1927年までは第三人称を使った表記を35年間ギャランティーチケットで使い続けてきたことが分かります。リベットを取付けたデニムパンツが、どれであっても、リーバイスと呼ばれるようになってしまったため、社名を冠した名称であるLevi’s(リーバイス)を商標として申請し、認可されたことはリーバイ・ストラウス社にとっても大きな出来事だった考えられます。

リーバイスと言う名前は、現在も広く普及しています。固有名詞であっても、一般名称として広く普及してしまうと、名称を商標として登録することは困難となるそうです。一般名称となりそうになった状況で、速やかに商標として申請を行ったことは、当時の経営陣が大きなブランド資産を確保する重要で的確な経営判断を行ったと言えると思います。

備考:
1950年代以降は、販促品やフラッシャーなどに使用されるLEVI’Sの後に順次、®が付けられる様になりました。”LEVI’S®“は、商標登録(Registered Trademark)のロゴである®を加えることで、LEVI’Sと言う名称が商標登録されていることを意味します。このLevi’sの商標登録はロゴマークなどではなく名前(名称)に対してのものなので、LEVI’SでもLevi’sでもどちらも対象となります。(大文字小文字は関係なく、名称に対して登録された商標です。)

COPYRIGHT表記の追加

1927年に作成されたギャランティーチケット(For Over 50 Years)から、COPYRIGHT(著作権)表示も加えられました。コピーライトを加えることで、ギャランティーチケット自体も類似商品から守る取り組みを始めたと推測します。FOR OVER 85 YEARSまでのギャランティーチケットでは、COPYRIGHT年は全て1927年となっています。これはギャランティーチケットの(表記の年数字にかかわらず)基本デザインに対して著作権を保有していることを明記するものです。

関連記事:

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top