ロングホーンインポートEX

メンバー専用プレミアムコンテンツ・エリア

FOR OVER 80 YEARSと85 Years ギャランティーチケット表記の特徴と考察

第二次世界大戦後、ギャランティーチケットは大戦モデルと同じFOR OVER 70 YEARSのギャランティーチケットが継続して使用され、その後、FOR OVER 80 YEARSのギャランティーチケットに移行しました。変更は最初の年表記が70から80に変わった以外は同じです。

For Over 80 Years ギャランティーチケット

For Over 80 Years リーバイス ギャランティーチケット

FOR OVER 80 YEARSの後は、5年付加された85 YEARSのギャランティーチケットが登場しました。

For Over 85 Years ギャランティーチケット

For Over 80 Years リーバイス ギャランティーチケット

80 YEARSから85 YEARSでの記載変更箇所

EVERY PAIR GUARANTEEDの下の表記が、”THEY ARE MADE OF SELECTED TEN OUNCE AMERICAN DENIM”から”EXCLUSIVE XX TOP WEIGHT DENIM TESTS STRONGEST WEARS LONGEST”に変更になりました。(上の画像の黄色枠で囲った箇所)

ギャランティーチケット誕生時からオンス数の表記をしていましたが、FOR OVER 85 YEARSからはオンス数の明記を止めて、TOP WEIGHT DENIMと言う表現に変更になったところが特徴です。

オンス数表記を廃止した理由についての考察

40年代後半のカタログなどには、Leeは11.5オンスデニム使用の表示があります。

1949年発行カウボーイカタログのLeeデニム製品ページ同年代のリーバイス501は10オンスです。Leeのデニムは防縮加工されているため、縮む前の生デニムのオンス数とは単純に比較できませんが、カタログに表示されるオンス数はLeeの方が大きくなります。ラングラーも同様に11オンスデニム使用をカタログなどで謳っています。

競合製品に対して見かけ上のカタログスペック値が不利になってしまうため、リーバイスはデニムのオンス表記を止めたのではと推測しています。

考察:
ギャランティーチケットの表記を、”EXCLUSIVE XX TOP WEIGHT DENIM TESTS STRONGEST WEARS LONGEST”、「最も強く、長持ちするテストをした専用のトップウェイトXXデニム」と言う様に最も強く耐久性もあることをテストをしている旨の表現を入れています。実質的な強度、耐久性はリーバイスのデニムの方が高いと思います。40年代後半の10オンスの生デニムが面積で15%程度縮むと仮定した場合、計算上11.8オンス程度になります。

関連記事: 以下の記事にヴィンテージデニムのオンス数とカタログ表記についての詳しい考察があります。ご興味のある方は、ご覧になってみて下さい。

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top