ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

ギャラ無し501XXとビッグEの見分け方

古い年代のヴィンテージ・リーバイスのモデルの呼称(通称)はパッチ表記とパッチの材質から名付けられたものが多いです。

革パッチ、ギャラ入り、ギャラ無し、ダブルネーム、タイプ物等がその例です。501XXと言う呼び名もパッチの表記から付けられた呼び名です。尚、リーバイス社の資料等では、501と単に呼ぶ場合がほとんどで、501XXと記載されていることは稀です。

こちらは501XXの通称ギャラ無しのパッチです。1962年頃のパッチから”EVERY GARMENT GUARANTEED”の表記が無くなりました。この表記があるものをギャラ入り、無い物をギャラ無しと呼びます。ギャラ無しの年代は501XXは1962年頃から1966年頃です。

1966年頃にパッチのロット番号からXXが省かれ、単に501の表記となります。

Patch


Sponsored Links

1950年代半ばから1960年代にかけて501の後ろ右腰部に付けられた紙パッチは硬化して破損しやすいため、パッチが残存している物は非常に少ないです。未使用で保管されていたデッドストックですら、パッチが割れていたり、破損していたりするものが少なくありません。着用感のあるものでパッチが残っている物は非常に少ないです。501XXの紙パッチの場合は、残存しているものはほとんどありません。

本記事では、パッチが無い60年代の501で501XXとビッグEを見分けるポイントのディテールを紹介します。

ジーンズの内側のバックポケットの左右上端部に隠しリベットが取り付けられているのが501XXのディテールの一つです。隠しリベットが付いていれば、パッチが無くても501XX確定です。

hidden rivet

しかし、最終期の501XXには隠しリベットが無い物もあります。その場合の見分け方のポイントはステッチのディテールです。クロッチ(股間)からフライフロント(比翼と呼ばれる前立て部)にかけてのステッチの上部、フライフロントの下部付近にバータック(カンヌキ)が入れられていないのがXXの特徴です。

CrotchこちらはビッグEのクロッチ部です。写真の上部中央にオレンジ色のバータック(カンヌキ)が入っています。上の写真と比較してみて下さい。この部分のバータックはフライ部の取り付け強化のために追加されたものです。ビッグE以降、現行まで引き継がれているディテールの特徴です。

上の写真の様にフライフロントの下部にバータックが無い場合は、XXの可能性が非常に高いです。

Big-E Crotch Bartack

501XX最終期には、バータック(カンヌキ)が入っている物もある様です。

尚、バータックが入れられた最初期のビッグE(含むダブルネーム)では、バータックがクロッチから逆Uの字状に入れられるステッチの上端とズレている場合があります。カンヌキがズレていることから通称”ズレカン”と呼ばれています。下の写真は501 推定ビッグE最初期のクロッチ部です。バータックの色がパープルや暗色の糸が使われているのは、最初期のビッグEにのみ見られる特徴と考えられています。

501 K crotch

いくつか手持ちのビッグEの当該箇所を見ましたが、少しズレている物もあるのでズレカンは個体差の影響もある微妙なディテールと思います。

さらにウォッチポケット入り口の左右のリベットの間を横に入るステッチがイエローの場合、XXである可能性が高いです。ただし、この部分がイエローのビッグEもあります。イエローで裏がチェーンの場合は、初期ビッグEと思われます。ウォッチポケット入り口裏がオレンジのシングルステッチの場合、XXである可能性が高いです。ただし、この部分だけで確定はできなません。

RIght Pocket Area

また、501XXの場合、バックポケットのアーキュエットステッチの色がイエローであることが殆どです。糸の太さやピッチもビッグEとは異なります。初期のビッグEでもアーキュエットはイエローが多く見られます。(ただ、ステッチの種類が違う様に思います。まだ、この部分についてはそれ程確度の高い情報を持っていません。)

Back Pocket

501XXのアーキュエットステッチはほつれやすく、穿きこんでいくと消失することが多いです。ただし、ステッチが取れても痕は残ります。

タブは均等Vが多いのですが、最終期は不均等Vであることが少なくなく、また、均等Vのタブが付いているビッグEもあるため、判別の決め手とはなりません。下の写真のタブは均等Vです。

Red Tab and Arcuate stitch

以上が主な501XXとビッグEの判別する上での特徴的ディテールです。

尚、XXはセルビッジの幅が細めで、幅が一定していない傾向があります。しかし、個体差の影響もあるため、あくまでも一般的な傾向でしかありません。

Selvedge Width

古い年代になればなるほど、ディテール等での個体差があったりします。

ここで紹介した501XXはWebストアで販売中です。

60年代前半 501XX 紙パッチ 表記サイズ (W30-L30)

コメントを残す

*

Return Top