ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

history Archives - ロングホーンインポート

Tagged
ミネソタ・ステート・フェア

ミネソタ・ステート・フェア

ミネソタ州St. Paulで8月25日から9月5日まで、ミネソタステートフェアが開催されています。ミネソタの地元企業、レッド・ウィング・シューカンパニーもブースを設けています。 レッドウィング・ヘリテージが投稿した記事によると、レッドウィングは1920年代から1964年まで長年にわたって参加していたとのことです。そして...
Vibramの歴史

Vibramの歴史

ビブラムソールは、1000を超える靴メーカーで採用され、年間4000万ソール以上生産されています。ソールに取り付けられたビブラムソールの象徴的な黄色の8角形のロゴは、非常に有名です。 Vibram S.p.A. は、イタリアのAlbizzateに本社があります。ビブラムの会社名は、創業者のVitale Bramaniか...
サドルシューズの歴史と2016年春夏新作 Mil-1 Saddle Oxford

サドルシューズの歴史と2016年春夏新作 Mil-1 Saddle Oxford

レッド・ウィング・ジャパンのFacebookに、2016年春夏モデルの新製品第二弾、Mil-1 Saddlel Oxford(ミルワン・サドル・オックスフォード)の紹介記事が投稿されました。 SS2016 New Product Review Vol.2 “Mil-1 Saddle Oxford”...
レッドウィング初期の代表作”Chief”

レッドウィング初期の代表作”Chief”

レッドウィングは、1905年に創業。創業開始後、農業、森林伐採(ロギング)、鉱業、鍛冶屋など業種に特化した労働者向けの靴の生産を開始しました。特に農業を営む人たちの間で人気を得たそうです。 1912年、レッドウィングは、the black and brown “Chief” ラインを追加します。...
Irish Setter 50th anniversary

レッドウイング アイリッシュセッターの歴史

レッドウイングを代表するアイリッシュセッターのラインは、1997年にレッドウイングから独立したブランドとして製品展開されています。ホームページもレッドウイングとは別の独立したサイトがあります。 さらに2011年にブランドに”WORK”ライン(ブランド)が加わり、Irish Setter R...
1950年代のレッドウイング・アイリッシュセッターの代表モデルと特徴

1950年代のレッドウイング・アイリッシュセッターの代表モデルと特徴

ヴィンテージ・アイリッシュセッターは年代ごとに特徴があります。ここでは、1950年代のアイリッシュセッターのタグと主な特徴について、主要モデルなどを含めて年代ごとに紹介します。 1950年 最初のアイリッシュセッター 854 アイリッシュセッターが初めて市場に登場したのは、1950年です。最初のアイリッシュセッターのス...
Red Wing Store Entrance

レッドウイング販売店:現在 vs 過去 比較考察

80年代のレッドウイング顧客向けカタログの表紙には、レッドウイング販売店の写真があります。 お店の前には駐車スペース。中央に入り口、ドアも含めて前面はガラス張りで店内が見えるようになっています。表紙には、”WALL TO WALL WORKSHOE STORE”のコピーがあります。裏表紙にも、W...
Return Top