ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

レッドウイング アイリッシュセッターの歴史

レッドウイングを代表するアイリッシュセッターは、1950年に市場に初登場、瞬く間に大人気となり、一世を風靡しました。アイリッシュセッターの大成功により、戦前までは地元ミネソタ周辺以外ではほとんど知られていなかったレッドウィングの名を全米に知らしめ、さらには東海岸の高層ビル建設現場の作業員たちから圧倒的な支持を受け、レッドウィングがワークブーツメーカーとしての地位を不動のものにする礎を築くことに貢献しました。

アイリッシュセッターは、1997年に米国内ではレッドウイングから独立したブランドとなり、製品展開されています。ホームページもレッドウイングとは別の独立したサイトがあります。

さらに2011年にブランドに”WORK”ライン(ブランド)が加わり、Irish Setter “HUNT“と”WORK“の二つのラインに分かれ、それぞれかなりの種類のブーツを揃えています。サイトも別のアドレスにあります。

本記事ではアイリッシュセッターの両サイトに掲載されているアイリッシュセッターの歴史を紹介します。二つのサイトで、微妙に内容が一致しないところなどもあります。

アイリッシュセッターは、時代とともに大きく変化しています。現在の米国内で販売されるアイリッシュセッターブランドの製品は最新の技術を取り入れたブーツが中心です。

アイリッシュセッターの歴史

50年代

1950年

1950年、レッドウイングはスタイル番号854を発表しました。854は猟犬アイリッシュセッターの名前を連想させる特徴的なレッドラセットのレザーで造られていました。

Irish Setter 1950 854
“The Irish Setter” 854
1952年

アイリッシュセッターの代名詞となる”Cush-N-Crepe”ウェッジソールを備えた877が発表されました。この新しいソールはあっという間に、アップランド・ゲームハンター達のお気に入りとなりました。

Irish Setter 877 was first introduced featuring the "Cush-N-Crepe" sole. in 1952.
アイリッシュセッター 877
1952-53年

1952年、最初のアイリッシュセッターのロゴが作成されました。ロゴのデザインの元となった”Red Mike of Doxmoe”です。

アイリッシュセッターのロゴのモデル"Red Mike of Doxmoe"
アイリッシュセッターのロゴのモデル”Red Mike of Doxmoe”
備考
HUNTのサイトでは1952年、WORKのサイトでは1953年となっています。1953年の広告に、ロゴが確認できるので、53年以前であることは判明しています。
1956年

インシュレーションの最初のモデル、スタイル898が発表されました。寒地・極寒の環境下で長時間過ごすハンター達から歓迎されました。

Irish Setter 898 was introduced in 1956. 898 was the first model fully insulated.
1956年に登場したアイリッシュセッター898. フルインシュレーションの最初のモデル。

“Finest in the Field”のタグラインが初めて使用されたアイリッシュセッターのサイン。ガセット裏にタグが付けられました。

The tagline "Finest in the Field" is first used on an Irish Setter sign.
Finest in the Fieldのタグラインが最初に入ったサイン。1956年、ガセット裏にアイリッシュセッターのロゴが付きました。
備考
サイトの説明では、刺繍タグが最初に取り付けられたのは、1956年となっています。

60年代

1960年

トラクショントレッドソールの広告が登場します。広告には、高層ビルの鉄骨を組み立てる労働者が登場します。また、スタイル877の広告で”ダブルライフ”というコピーが表示されます。877は元来ハンター用として登場しましたが、アメリカの労働者達からも使用されることになったことで、ダブルライフとコピーが付けられました。

In 1960, the ad of 877 showed "Double Life" which meant originally made for workers, but now adopted by workers.
アイリッシュセッター877の広告。ダブルライフのコピーが入ります。
1964年

スタイル888が発表されます。このブーツは、グリーンのカンガルーレザーを使用し、ビニールカバーのケースに収められていました。ブーツは、ソックスとレザーコンディショナーと一緒に販売されました。

888 was introduced in 1964. 888 was sold with a pair of green socks, leather conditioner, and original case.
1964年、グリーンのカンガルーレザーを採用した888が登場。
注目点
888は緑のソックスとコンディショナーもセットで、専用の鞄ケースに入れられて販売されました。トップライン・ハイエンドの顧客層向けの特別な位置付けのモデルだったと思われます。
1968年

ウォータープルーフレザーを採用した最初のアイリッシュセッタースタイル2488が登場。このモデルにより、アイリッシュセッターは、技術革新(イノベーション)の評判を確固たるものとします。

Irish Setter 2488, the first Irish Setter featured water proof leather.
1968年に登場した2488

 

70年代

1973年

レッドウイングは、アメリカの熟練したクラフツマン達を狙った広告シリーズを展開します。下の写真は、その中の一つの広告です。シカゴの鉄骨工のJohn Rukavinaさんがアイリッシュセッターを履いてシアーズタワーのテッペンに立っています。

In 1973, Red Wing advertised series targeting at skilled workers. This is one of them, showed the worker on a top of the Sears Tower with Irish Setter.
1973年の広告

80年代

1984年

807の広告で、”Not Just For Hunting Anymore.”のヘッドライン、”Today’s working men are wearing them every day on the job as well as out in the field.” のメッセージが入ります。

Advertisement of 807 has "Not Just For Hunting Anymore."
アイリッシュセッター 807
備考
1960年ごろからアイリッシュセッターは、労働者層からも愛用されているわけで、何も今更、で、”ハンティング用だけではない”と改めて広告で強調することもないような気がしますが。。。80年代に入って、経営陣が大幅に若返り、メッセージングなどに注力するようになったことの表れの一つだと思います。
1986年

2層構造のレザーを備えたウォータープルーフ・ブーツの815が登場します。このようなカッティングエッジの構造の初めての製品でした。

815, featured double-layered waterproof boots was introduced in 1986.
アイリッシュセッター 815

90年代

1997年

アイリッシュセッターは、レッドウイングの名前の付かない独自のブランドとして独立しました。ハンティングブーツのラインは拡張され14のスタイルが用意されました。また、ラインにはソックス、アウトウェア、フットウェアのケアプロダクトが加えられました。

Irish Setter becomes independent brand n 1997.
1997年 アイリッシュセッターはレッドウイングから独立したブランドとなります。
注目点
レッドウイングの名前、ロゴがないところにご注目!!

2000年代

2000年

アイリッシュセッター50周年。レッドマイクがロゴに表示されています。

Irish Setter 50th anniversary
アイリッシュセッター 50周年
注目点
レッドマイクは、上の画像の1997年のロゴマークにもあるのですが。。。
2004年

アイリッシュセッター・ハントブランドは成長。レッドウイングの名前をアイリッシュセッターに入れるように販売店が求めたため、レッドウイングの名前が加わって、新しいロゴが作成されました。

In 2004, Irish Setter logo was updated by adding the Red Wing name.
2004年にロゴが変更され、レッドウイングの名前が復活します。
備考
ブランディング・ブランド戦略は、流行もあります。変わらずに長く続くブランドやロゴもありますが、短命に終わる場合もあります。97年にレッドウイングの名を廃して独自ブランドにしたものの、レッドウイングの製品であることを強調した方が有効であるという販売店側からのインプットを受け、ブランド戦略を変更したものと思われます。現在も、社内的には、事業としては完全に分かれているようです。
2006年

アイリッシュセッターのフラッグシップ・ビッグ・ゲームブーツ、882が発表されます。882は、古グレインレザー、ゴアテックス、ブラスハードウェア、レザーウェルトの構造などの特徴を持ちます。882は、険しい地形・環境での本格的なビッグゲーム・ハンター向けの地位を築きます。

Irish Setter 882 for serious big game hunters was introduced in 2996.
アイリッシュセッター 882

2010年代

2010年

ラバーハンティングブーツ市場に革命を起こすデザインと素材を使用したExo-Flexテクノロジーを発表します。

Irish Setter Exo=Flex technology ad
Exo-Flexテクノロジー
2011年

ワーク市場向けのアイリッシュセッター・ワークブランドが追加されます。

2011年 アイリッシュセッター・ワークブランドが追加される。
2011年 アイリッシュセッター・ワークブランドが追加される。
2013年

革新的な素材を使用し、非常に高い快適性とお耐久性を兼ね揃えながら、軽量化を実現したRPMテクノロジーを発表します。

アイリッシュセッター RPM テクノロジー
アイリッシュセッター RPM テクノロジー

コメントを残す

*

Return Top