ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

クッキー柄バンダナの柄、色、表記と年代についての考察

ヴィンテージのバンダナで、以前から良く知られた人気の柄の一つとして、通称”クッキー柄”があります。このクッキー柄は、ヴィンテージ・バンダナを代表する一つの柄だと認識しています。

”クッキーのバンダナ”と聞いて、私が最初にイメージする柄はこれです。

01

この柄は、中央に大きなクッキーの様な四角形の模様があり、枠側に少し小さめの四角の模様がちりばめられています。色は、写真の赤と他に紺があります。

クッキー柄と呼ばれる柄には、もう一種類の柄もあります。


Sponsored Links

Black Cookie RN13960

こちらは中央部の四角の枠の中に、内側に小さな花が入る少し小さめの四角形の模様(クッキー)が多数、配置されている柄です。

この柄は色々な色があり、色々な色を見たことがありました。しかし、今週、Twitterでお付き合いのある方のアカウントに投稿された以下のツイートが目に飛び込んできました。

あまりの色数の多さに愕然としました。色々な色があることは知っていましたが、これ程の色のバージョンがあるとは思いもしませんでした。 このクッキー柄のバンダナのメーカーは、RN13960(パリス・アクセサリーズ)です。パリスが様々な色の展開を始めたのは70年代の後半頃からだと認識していました。 1980年代はカラフルな色、多色のバンダナが主流となります。色味の傾向としては、はっきりした色味が中心です。 今回@miyaq1975さんのツイートの写真のバンダナの色は淡い色が中心です。色味的な傾向としては、1970年代と思いました。しかし、それにしても色のバージョンが多いこと等もあり、表記形式がどうなっているのか知りたく、@miyaq197さんに以下のツイートを送りました。

表記が上の黒クッキーと同様に2行の表記なのか?それとも、色々な表記形式があるのか?80年代以降と思われる表記があるのか?等、とても興味がありました。 @miyaq1975さんは、「至急調べてみます」とご快諾のお返事を下さいました。 そして、お手持ちの24色全てのクッキー柄の表記部の写真をツイートして下さいました。

この24色全て同じ表記、左下に2行で、”FAST COLOR”, “100% COTTON RN13960″の表記でした。

注目すべき点と考察を以下に書きます。

1. 表記形式が全て同じである。

表記形式が全て同じであることから、同時期、または、ほぼ同じ年代に製品ラインナップとして製造されたと考えられます。

2. 表記内容について

FAST COLOR
100% COTTON RN 13960

80年代の表記は、社名(Paris Accessoriesのマークがあったり、星形のCraft with Prideのロゴが入るのが特徴です。また、Made in USAの表記も入っていません。

表記から、 年代は1970年代であると推定します。しかも、表記形式等から、可能性としては70年代半ば頃、またはそれ以前の可能性もあります。

3. 色について

様々な淡い色のバンダナは1970年代のバンダナの色の傾向(流行)と認識しています。今回のクッキー柄の色の豊富さには驚かされましたが、色味としては淡い色が多く、色の傾向も表記形式と同様に1970年代の製品であることを示唆しています。

現時点での推測

1960年代にRN13960は一番上の写真で紹介したクッキー柄(以降、第一世代クッキー柄と呼ぶ)を製造、販売していた。現在の市場でも、第一世代クッキー柄の残存数は比較的多いため、人気の柄であったと推測できる。1970年代に入り、人気のクッキー柄のデザイン変更を行い色のバージョンを多く取り揃えたものが第二世代のクッキー柄である。

柄的にも、縁取りの入れ方も波状でポップな感じの印象を受ける。第一世代クッキー柄はクラシックな雰囲気を感じさせるデザインであるのに対して、第二世代は周囲のペイズリーに似た模様や花、他の模様も簡略化してシンプルな遊び心のある柄となっている。

以上です。

バンダナはまだ分かっていないことが多く、新たな発見もあったりします。他のRN 13960のバンダナの表記も機会があれば、集めて調べて、再度、考察を行いたいと考えています。

最後になりましたが、貴重な情報提供、ご協力をして下さった@miyaq1975さんにお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

コメントを残す

*

Return Top