ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

Lee 200 の価格設定ガイドライン

これからある程度の数のデッドストックのLee 200をWebストアに追加する予定です。今回入荷したLee 200の当ストアにおける価格設定について説明致します。

31w no flash

皆様ご存知の通りヴィンテージ品は、市場において価格が一律で決まっているわけではなく、販売するお店によって異なります。ある程度年代の古いヴィンテージ品は一つとして全く同じ物はありません。一品一品が異なります。品物によっては、似た商品であっても、販売する店によって値段が大きく異なります。ヴィンテージ品を中心に販売する古着屋であっても、そのお店ごとに値付けや販売方針が異なります。

基本的に商品の価格は需要と供給の影響を受けます。同じ品であっても、市場で人気が出てくれば価格は上昇します。ヴィンテージは、既に生産を終了している過去の製品であるため、需要が高まったからと言って、新たに生産する事はできません。つまり供給数量は限られています。

ヴィンテージジーンズの代表とも言えるリーバイス501XXは、90年代のヴィンテージブームの前は今では考えられない様な低い価格で販売されていました。ブームが始まり501XXの人気が高まり、価格は高騰しました。2000年代以降はブームは沈静化し価格も安定していますが、デッドストックやコンディションが良好な501XXは、大きな価格の下落も無く一般的な市場価格は非常に高額のままです。


Sponsored Links

高値で安定している理由は市場に残っているデッドストックの501XXの数量が非常に少ないためです。そして、その金額であっても、501XXを求める人がいるためです。また、その製品の魅力、存在価値の評価が確固たるものとして確立されているためでもあります。

90年代のヴィンテージブーム時、リーバイスの501赤耳はその当時から5年程度前に生産終了となったばかりでした。赤耳のデッドストック(売れ残り在庫)は市場にも残存数がかなりあり、レギュラーと同様の扱いを受けていたそうです。お店によっては、501XX等のヴィンテージを買うとおまけに赤耳としてただで付けていたところもあったとの話を聞いた事があります。

しかし、デッドストックの501赤耳は今では非常に希少です。一般的な流通価格としても3万円台後半と認識しております。当ストアでも過去にデッドストックの赤耳を販売した事がありますが、問い合わせが何回かありました。デッドストックの赤耳を探している人は少なくない様です。

今回、Lee 200の価格を設定する上で、ネットでデッドストックLee 200を検索してみました。すると、驚く程低い価格で値付けがされているものを何件か見ました。その様な低価格を見てしまうと、Lee 200の価格付けをする上で戸惑いを感じてします。しかし、一方で言える事はそれらは全て販売済みであり、その値段で今も販売されているわけではないこと、市場における価格は変動している事、さらには今後の価格動向を示す物ではないことです。

色々と検討した結果、当ストアでの今回入荷したLee 200の価格設定のガイドラインを以下に記します。

当ストアに入荷したLee 200の推定年代は70年代前半のものが中心です。101-Zでも使用されていた基本的に共通デザインのカウボーイの絵柄のフラッシャーを使用している事からも70年代の製品である事はほぼ確実です。

入荷したlee 200を検証してみると、細かいディテール等で異なるものが混在する事が判明しました。混乱期にあったLeeの70年代であることを間接的に示しています。

70年代のリーバイスのジーンズ、501や505のデッドストックとの価格等も参考にした上で、ロングホーンインポートにおける現時点での基準価格を設定しました。さらに、綾目、ディテール等の事項それぞれに調整価格を設定し値付けを行います。

具体的な価格設定は以下の様になります。商品の価値、希少性、同年代のリーバイス社の製品と比べると、今回設定したLee 200の基準価格は破格だと思っております。

基準条件:

  • フラッシャー付き
  • ウエスト30インチ以上、レングス32インチ以上
  • 左綾
  • 濃紺
  • Talon 42 ジッパー
  • ユニオンチケット付き
  • 裾裏チェーンステッチ

上記の条件を全て満たした品の場合、基準価格を以下の様に設定する。

基準価格:52,500円

ヴィンテージ品のため、上記価格を基準として、商品のコンディション、他の事項も考慮して値付けを行う。

条件による価格調整の目安

price adjustment

 

 

 

 

 

 

上記調整価格は目安で最終的な価格はその他の事項等も考慮して設定致します。

備考

設定価格は予告なく変更する場合がございます。今回の価格設定において、特に判断が難しいのが右綾の調整価格でした。Leeの左綾デニムは明確な縦落ちをすることで定評があります。同年代の右綾デニムの色落ちがどの様なものか現時点で明確ではないため、調整価格を大きく設定しています。

今回入荷したLee 200は右綾もとても良い色をしています。

調整価格の設定についても、変更を行う可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

コメントを残す

*

Return Top