ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

レッドウイング販売店:現在 vs 過去 比較考察

80年代のレッドウイング顧客向けカタログの表紙には、レッドウイング販売店の写真があります。

80s Red Wing Catalog for customers
80年代のレッドウイング顧客向けカタログ表紙

お店の前には駐車スペース。中央に入り口、ドアも含めて前面はガラス張りで店内が見えるようになっています。表紙には、”WALL TO WALL WORKSHOE STORE”のコピーがあります。裏表紙にも、WALL-TO-WALL SHOES FOR WORKと赤の大きな字で表示されています。

上の写真で、右側と奥の壁一面に靴の箱が陳列されています。まさに文字通り”WALL-TO-WALL SHOES”の店内です。この写真を見た時、80年代当時の販売店のコンセプト・スタイルは今も受け継がれているのだなと思いました。

下は私の住んでいる街にあるレッドウイング販売店の写真です。レッドウイング販売店は、もう一店街にありますが、外観・店内の構成は基本的に同じです。

お店の前に駐車スペース、中央にドア、前面ガラス張りで店内が外から見える造りです。ガラス張りで店内が見えるスタイルは80年代のカタログの表紙の写真の店舗と共通です。



Red Wing Store Entrance
米国レッドウイング販売店の外観

 

米国内には4000以上のレッドウイング専門販売店があります。あまりイメージが掴みづらいと思いますが、アメリカは50州で構成されているので、単純計算で一つの州あたり80店あることになります。

実際、米国内の至る所にレッドウイングの専門販売店があります。大都市では、10以上、数十のレッドウイング販売店があるほどです。比較的小さい地方都市でも、レッドウイングの専門販売店はあります。

US Red Wing Store Finder
Red Wingホームページ内のストアファインダーのページです。米国内に4000店舗以上あると書かれています。

レッドウイング販売店のコンセプトが誕生したのは1950年台前半のことです。第二次世界大戦が終わり、戦後の目覚しい経済変革と成長、社会の変化の中で、レッドウイングも事業の拡大期にありました。レッドウイングの伝統的な事業基盤である地方・田舎の地域から、都市にも販売を広げようとしていました。

1953年代にソルトレークシティの西部販売員のハロルド・パックウッドがレッドウイングの靴だけを専門に販売する店舗の革新的なビジネスコンセプトを考案し、1949年に父親から会社の経営を引き継いだBill Sweasyに提案し、承認されました。

下の写真は、1953年にソルトレイクシティに開店した最初のレッドウイングストアの店内です。壁面の棚に靴の箱が収納されて壁を覆っています。WALL-TO-WALLのコンセプトは、最初のレッドウイングストアから受け継がれてきていることが分かります。

The First Red Wing Store opened in 1953, Salt Lake City
1953年ソルトレイクシティに開店した最初のレッドウイングストア。 Photo from Red Wing Heritage, Tumblr

現在のレッドウイングの販売店は、壁一面にさまざまなモデルを陳列して展示する構成になっています。WALL-TO-WALLのコンセプトは継承しながら、現在は、靴箱ではなく現物のサンプルを展示する形態に進化していると解釈できます。

下は、1959年頃のカリフォルニア州、オークランドのレッドウィング販売店です。

向かって右側はアイリッシュセッター(とペコス)の展示のようです。当時、人目を引いたと思います。1950年代、アイリッシュセッターの大成功は、今日のレッドウィングの礎となっていると思います。

左側の壁一面と奥もレッドウィングの箱で埋め尽くされています。ガラス越しに店内の様子が見えるので、WALL-TO-WALLのコンセプトは視覚的なインパクトを与える効果もあったと思います。



A post shared by Red Wing Shoes (@redwingshoes) on

下は冒頭(2番目の写真)で紹介した現在のレッドウィング店の店内です。

レッドウイングは創業時の仕事・作業に適したシューズを幅広いサイズを用意するビジネスコンセプトを、110年経過した現在に至るまで継承し続けています。

1953年にレッドウイング専門の販売店が開店後、当時の店舗の基本コンセプトを60年以上経過した今も継承していることも、大変印象的で興味深いことだと思います。

コメントを残す

*

Return Top