ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

リーバイス・セカンド 507XX 希少サイズ 34

ヴィンテージリーバイス セカンドモデル 507XX紙パッチを紹介します。写真はクリックすると拡大されます。

01

507XXは1953年から1962年頃までの製品です。通称セカンドと呼ばれ、高い人気があります。(通説では、1952年となっていますが、1953年からを示す複数の資料を見ているので、ここでは53年としています。)

短めの着丈、ボックス型のシルエットにフラップ付きフロント2ポケットにプリーツのデザインです。プリーツは古い年代のデニムジャケットに見られる特徴的デザインでリーバイス社のデニムジャケットでプリーツが入っているのは507XX以前のモデルに限られます。

507XXは初期のモデルは革パッチが使用されており、1955年頃から紙パッチに移行になりました。この時代の紙パッチは硬化して破損しやすく、現存する507XXでパッチが残っているものは非常に数が少ないです。



本ジャケットは紙パッチがほぼ全て残ってついています。

02

パッチは通称ギャラ入りと呼ばれるもので、伝統のツーホースマークの下に”Every Garment Guaranteed”の表示が入ります。表記サイズは34となっていることが明確に読み取れます。

サイズ34はあまり出回っていません。また、サイズが小さい507XXはアームホールも細めでとてもきれいなシルエットをしています。

標準からやや痩せ気味の体型の方にはベストサイズとなる場合が多いです。

パッチは縦に亀裂が入っていますが、ほぼ全て残っており、状態は良好です。

15

襟の部分の状態も良好です。

09

全体的に色はかなり残っており、生地とステッチの状態も目立った問題箇所は見当たらず、良好です。



ポケットのフラップ裏はライトオンス、赤タブはBig-E両面、均等Vです。

03

506XXと507XXの特徴的なフロントプリーツを固定するボックス型のステッチはダメージを受けやすいです。本ジャケットの場合6つあるボックスステッチのうち2つで一部ステッチが切れています。

一般的には、ボックスステッチも含めてステッチの状態は良好な方です。

04

下側4つのボックスステッチの拡大写真です。

06

腕の部分は少しヒゲのアタリができています。袖下側のステッチの状態も良好です。

05

カフス部の拡大写真です。袖先の状態も良好です。

07

ジャケットの内側もきれいで、特に汚れやしみ等はありません。

 

10

後ろ側からの全体写真です。全体的にはかなり色が残っており濃紺です。

この写真ではほとんど分かりませんが、背中中央やや右にピンホールに近い小穴があります。

11

小穴の拡大写真です。該当箇所を内側から撮影した写真です。

13

左アジャスターベルト上に横に直線上に糸がつったような箇所があります。古い年代のデニム品では比較的良く見られるものです。

08

表側から見た場合は、ほとんど目立ちません。

14

色味比較のため別の507XX2着(上段)とワンウォッシュの501XXと一緒に撮影した写真です。この写真はフラッシュを使用していません。フラッシュを使用しない場合、ある程度色落ちが進行したデニム生地は実際よりも明るめの色に見える傾向がありますが、生地の風合いの感じを把握するのに役立つと思うため追加しております。

507s andn 501XX

違う角度から撮った写真です。実際の色味はこれ程青々とはしていません。

507s and 501XX 03

こちらはフラッシュを使用した写真です。実際の色はこちらに近いです。(ただし、少し生地の色が暗めに写り気味です。)

507s and 501XX 02

表記サイズ: 34

注)ヴィンテージの表記サイズは、現行ジャケットのサイズ表記と比べると実寸でワンサイズ下程度に相当します。詳しくは、以下の実寸サイズをご参照下さい。

実寸サイズ:

身幅: 約46cm (胸囲:約92cm: 46 x 2, 脇の下間の直線距離を2倍にしたもの)

肩幅: 約45cm (後ろから、両側袖の上部間の直線距離)

着丈: 約56cm (襟下から裾までの長さ)

袖丈: 約46cm (脇の下から袖先までの長さ)

Webストア販売ページ:5-60年代 507XX セカンドモデル サイズ34

コメントとトラックパック

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お世話になります。このサイトで勉強させていただいております。一点お聞きしたいことがございまして、コメント残させていただきます。もし、お時間ございましたら、ご教示頂ければ幸いです。

    (内容)
    タンスの整理で、リーバイス507オリジナル(紙パッチ欠損が紙パッチと思われる)が出てきました。
    どこで購入したかは覚えていませんが、買った記憶があります。
    ボタン裏は刻印なしとドットですの混合です。一番、不思議なのが、赤タブです。両面刺繍ですが、
    なんと、不均等Vです。セカンドで不均等Vって聞いたことがないのですが、管理人の方はいかがでしょうか。
    後継557でもほぼ均等Vだと認識していますので、507から557に移行期に不均等Vがついたとも考えられず、
    全く不思議です。
    507紙パッチで、赤タブの不均等Vは見たことがありますか。よろしくお願いいたします。以上

    • はじめまして。

      お書きになられている通り不均等Vのタグは、 507の年代とは全く異なります。不均等タブが登場したのは、557の後の70505が登場してからです。不均等Vの登場年は、推定1967年頃です。501では、最終期の501xxで不均等Vのタグが付いているものが確認されています。しかし、ジャケットの方はダブルネームでも全て均等Vです。ジャケットはジーンズよりも後でタブが移行されたと考えています。

      全く年代が異なるので、後でタブが取付けられた可能性が(極めて)高いです。(と言うか、それ以外には考えられません。)私は、ギャラ入り557xxで不均等Vのタブが取付けられているものを見たことがあります。タブの周辺のステッチを見ると、若干ステッチのピッチ、色味、太さなどが違うので、後付だと分かりました。年代が違うので、タブが付いているのであれば、ステッチなどを確認するまでもなく、その事自体で後付と推測はできると思います。

      • 管理人様

        お世話になります。
        まず、私のコメントに、お忙しい中ご丁寧にご回答頂き、ありがとうございます。
        感謝の気持ちでいっぱいです。

        さて、質問の件ですが、ご経験豊富な管理人様も507に不均等Vの組み合わせは見たことがないし、
        基本的にあり得ないこととのことで、すっきりしました。
        私などよりリーバイスを熟知されている方なら、イレギュラーなディテールに関してよくご存じかもと、
        私が知らないイレギュラーなディテールが存在(今回のこと)するかもと他で確認しようがない中、
        すがる思いで、御サイトにコメントを残させて頂きました。
        やはり、507に不均等Vはあり得ませんね。本当にご回答ありがとうございます。

        物自体はオリジナルなので、後付け(と思われる)の赤タブはどうしようか考えようと思います。

        また、話は変わりますが、御サイトの「ヴィンテージ 501 最初期ビッグE 刻印W」の記事に大変感動いたしました。私もパッチ取れで、同じものを持っていて、御サイトの記事を見て、詳細がわかり、勉強にもなりました。
        これからも御サイトの記事等楽しみに拝見させていただきます。

        今回は誠にありがとうございました。駄文失礼します。以上

        • 上田和正 様、

          ご丁寧なお返事ありがとうございます。

          イレギュラーなディテールというのは、文字通り通常ではないので、様々な組み合わせの可能性が考えられます。イレギュラー自体の個体数も少ないのが通例のため、見たことがない組み合わせというものが存在することは十分にあります。

          ただし、ありえる(起こりうる)組み合わせとあり得ない(起こり得ない)イレギュラーがあります。新しい年代の製品(本体)に一部古い年代のパーツがついていることはありえますが、古い年代の製品に新しい年代のパーツがついていることは、その製品が製造された時に存在しないパーツを使うことはできないため、ありえることではないです。時系列を考えれば、明白なことですが、後付でなければ起こり得ません。

          つまり、見たことがあるかないかということは、この件については、あまり関係ないと思います。見たことがあったとしても、それは99%以上の確率で後付です。(100%と言うものは存在しないというのが私の考えなので、99%以上という表現をつかっていますが、基本的には100%に近いです。))

          ディテールの混在が見られるのは、基本的には移行期内です。移行期を少し過ぎてから、たまたま古いパーツが残っているのが見つかって、現場(ライン)で使用したということは起こり得ますが、通常、どんなに後でも数年(と言っても2年程度以内)、通常は一年はないと思います。ただし、例外というのはあるので、絶対ではもちろんありません。(例外であっても、上に書いた様に起こり得るものとないものがあります。)

          本サイトの記事についてのご感想、ありがとうございました。

          p.s. オリジナルのパーツを使った偽物の存在については、業界内の方から話を聞いたことがあります。私も写真で、見たことがあります。これは、上記の話とは全く別の話なので、組み合わせとして外に考えられるシナリオとして追記致します。(上田様の507がそうだという意味で書いているわけではございません。)

  2. お世話になります。前回507の件でご意見を伺った者です。今回、501Eのパッチ表記に関して、ご意見を受け賜りたく、コメントに投稿させていただきます。
    内容は、60年の最終501XX頃からパッチに『MADE IN USA』表記がプリントされると思いますが、その後、ダブルネーム、タイプもの、キャピタルE、66前期以降も同様だと思います。
    それを前提として考えて、お聞きします。今回はキャピタルのトップボタン横平行の時代、パッチに『MADE IN USA』表記がないものがありますが、これはなぜ表記がないかご存知でしょうか??勿論、あるものもあります。
    ベルベルジンのWEB販売ページでもその表記なしのパッチが複数ありますし、他の場所等でも見ますので、合体ものや偽物の類でもないと思います。
    管理人さんは『MADE IN USA』があったり、なかったりする理由をご存知ですか。もしご存知なら、お手すきの時にでも、是非、ご教示願います。駄文失礼いたします。以上

    • こんばんは。

      60年代後半、リーバイスは急激な需要の高まりに対応するために、工場を続々と立ち上げ生産能力を拡大しました。販売拠点を世界各地に設けて、販売網、販売地域を拡大しました。製品の仕様なども細かい変更を加えて多数行われました。パッチ表記に関しても様々な種類があるのが60年代後半の特徴です。

      パッチ表記に関しては、関連サイト、「私のリーバイス」の記事をご参照下さい。

      60年代後半ロット番号表記変更後のパッチについて

      最終501XX以降(1960年代後半)から、パッチにツーホースマークの下に、”100% COTTON”, “MADE IN U.S.A.”, “WPL 423″がプリントされるようになりました。また、それらの文字は全て大文字(uppercase、capital letter)が使用されています。上の501XXのパッチでは、大文字と小文字の組み合わせで、Made In U.S.A.と表示されています。(例外はLVC 66501)
      これら三つの配置、表示の順番もいくつか(いろいろ)種類があります。さらには、”MADE IN USA”表記の無い物もあります。上の501 ビッグEのパッチをご参照ください。
      “100% COTTON”, “WPL 423″のみ表記の場合、左馬下の表示が”U.S. PATENT”になっています。

      これらの表示に何らかの相関関係や規則性があるのかは、現時点でサンプル数が多く無いので、確認が取れていません。

      通称「品番変更」と呼ばれるパッチのロット番号表記が変更になった際、ほぼ同時期に通称「ダブルネーム」、「タイプ物」、「追加表記なし」の3種類のパッチのバージョンもありました。

      異なる表記形式(パターン)のパッチがある理由に関しては、工場、生産地域、出荷地域などによってパッチ表記形式が異なる(地域毎に若干異なる表記のパッチを使用していた)などの可能性があります。当時の資料などで明確に分かるような材料などが現時点では見つかっていないため、理由はあくまでも推測でしかありません。

コメントを残す

*

Return Top