ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

50年代末-60年代前半 紺タグ レッドウィング 202

ロングホーンインポートのプレミアムヴィンテージ XXプログラム (委託売買仲介プログラム)で取り扱う紺タグのヴィンテージレッドウィング202を紹介します。

6e2FSXNG

202の仕様 / カタログスペック

1959年のレッドウィングの販売店向けカタログ内の202の商品説明部です。

No. 202

  • アッパー: 9インチ オイル処理されたブラウン クローム レザー、グッドイヤーウェルト、Pac モカシントゥ(拝みモカ)、レザーラインド(内張)、ローハイドレース
  • インソール:インシュレーテッド
  • シャンク: インチ幅3リブ・スプリングスチール
  • ソール: トラクション-トレッド・クレープ
  • ヒール: トラクション-トレッド クレープ・アンダーウェッジ
  • カウンター: ウォータープルーフレザー
202の特徴
202は、ソール(のボトム)がフラットのウェッジソールではなく、土踏まず部が緩やかなカーブを描いてへこみソールが形成される形状のトラクショントレッドのクレープソールです。また、レザーはオロラセットではなく、オイルトリーティッドの(オイル処理を施した)クロームレザーを使用しています。さらにレザーラインド(内張)が施され、内側にインシュレーションが入ります。

202は、カタログの中で、アイリッシュセッターと同じページに紹介されています。右のページは、赤枠に黒字で”Insulated Sales Builders”と表示がされています。



レッドウィングのカタログ内では、”6-Inch Sales Builders”とページタイトルにいれられているので、Sales Buildersはワークシューズ・ワークブーツの意味で使用されていると思います。

右のページは、インシュレーション入りのワークブーツで、アイリッシュセッターと分ける意味で縦に線が入っています。202(右ページ右上)は、アイリッシュセッターの従兄弟的なワークブーツの位置づけがされていたと思われます。

紺タグ

本品は通称紺タグと呼ばれる紺色にRED WING SHOESの名前が刺繍で入れられるタグが取り付けられています。

紺タグは、1950年代から1960年代のレッドウィングの製品(の一部に)取り付けられていたタグと認識しています。

紺タグは稀少性が非常に高いです。

4Ld--0NG

DU-FLEX トラクショントレッドソール

本品、202のソールは、通常のウェッジソールのように底がフラット(ほぼ均一の平面)ではなく、土踏まず部が緩やかなカーブ状に湾曲した形状をしています。

この形状のソールは、稀少性が高いです。

wNYdHrHR



土踏まず部にDu-Flex, Cush-N-Crepe, PATENTEDのロゴが刻まれています。初代のロゴは、タグ・プレート(長方形のソールと同素材のタグ・プレート)で貼り付けれています。

この形式は第二世代のものです。

トレッドパターンがトラクショントレッドのため、1959年(早くて1958年頃)以降であると判定できます。

gfXdqWcc

四角ステッチ (レクタングル・バータック)

アイリッシュセッター877と同様に羽根の先に四角ステッチ(レクタングルバータック)が入っています。

im0Rs1XE

各部の詳細写真

コンディション

甲の脇の部分の表面に部分的にひび割れがあります。外羽根を取り付けるトリプルステッチが部分的に消失しています。

ベロの表側も表面にひび割れが発生しています。

シャフトの内側のライナー(内張)の上部のレザー表面に細かいひび割れがあります。

考え方にもよりますが、これらは、着用上、特に問題になるレベルではないと思います。

甲の部分は、着用感を考えると比較的良好な部類だと思います。シャフト部のコンディションは良好だと思います。

サイズ

表記サイズは、8.5EEです。

dEFy59xg

アウターソールの実寸

つま先からかかとまで、約31cmです。

 

ソールの幅は約11cmです。

シャフトの中央部からソールの下までの高さは約23cm少しです。

本品のWebストアのページ:

ヴィンテージレッドウィング 202 紺タグ

ご質問がございましたら、お気軽にロングホーンインポートへお問い合わせください。

お問い合わせ

 

コメントを残す

*

Return Top