ロングホーンインポート

厳選したヴィンテージとUSライン定番ジーンズの販売、ヴィンテージに関する情報等を発信しています

非常に高い防寒性: ブランケット付きジージャンとウールシャツの組み合わせ

私の住んでいる地域(テキサス州)は比較的温暖なところです。寒がりでなければ、一年を通してTシャツ1枚で過ごせる日がほとんどです。しかし、時々異様に冷え込む時があります。ここ3日程、朝夕は氷点下にまで達する程の寒さでした。極寒となった初日の夜、犬の散歩に行くのにウールシャツの上にLeeのストームライダーを着て出かけました。外気は氷点下にも関わらず、思いの外暖かくてびっくりしました。

翌日の朝はさらに寒く、車の窓ガラスは凍っているな状態でした。ここはWoolrichのマッキーノので番だなと思ったのですが、ウールシャツを着ていたので、試しにもう一度ブランケット付きを着てみようと思い、リーバイスのブランケット付きジャケットを着て外に出ました。外は想像していた通りの寒さでした。びっくりしたのは、ブランケット付きジージャンにウールシャツ、その下はTシャツの組み合わせで全く問題なかった事でした。

正直言って、私はブランケット付きジージャンはそれ程保温性は高くないのではないかと勝手に思っていました。ウールシャツと組み合わせて氷点下の外に出て、それが全くの偏見である事を思い知らされました。その格好のまま暖かい室内に入っても、暑苦しかったりはしません。外の気温に対する対応度にも優れていると思います。

ゴアテックスは保温性が高く通気性に優れる事を売り文句にしていますが、ブランケット付きジージャンとウールシャツの組み合わせも、まさに保温性と通気性を同時に実現していると思いました。ブランケット付きデニム製品の歴史は古く、そもそもリーバイスがデニムパンツにリベットを使う特許を取得して初めてのジーンズが誕生したときから、ブランケット付きのバージョンはありました。アーキュエットステッチはポケット部にブランケットを縫い付けるために施されたのが始まりです。

70505-0317 w: Pendletonブランケット付きデニムジャケットにウールシャツの組み合わせは、抜群の相性と保温性を持ち、昔の防寒着として標準的な組み合わせだったのではないかと思います。両方をお持ちの方はご存知かと思いますが、もしも組み合わせてきた事がない方は是非試してみて下さい!どちらか片一方お持ちの方は、是非、もう片方を手に入れて試してみて下さい。両方一緒に手に入れるのももちろんお勧めです。


Sponsored Links

左の写真はブランケット付き70505とペンドルトンのウールボードシャツに501シュリンクトゥフィットのリジッドです。

 

 

517 with Pendleton

右の写真は、517XXとの組み合わせです。この517XXは近日中にWebストアにて販売する予定です。サイズは40位です。

 

コメントを残す

*

Return Top